資産運用の壺
お問い合わせリンク資産運用の壺

資産運用のメリットとデメリット

本業と並行して資産を増やせるのが資産運用の最大の特徴ですが、結果が市場情勢に左右されやすいといった目に見えない落とし穴がいくつも存在していることも資産運用の特徴であるといえます。
ここでは、資産運用を利用することのメリットとデメリットを紹介していきます。

知っておこう、資産運用のメリット・デメリット

全ての物事には、常にメリットとデメリットが付きまといます。そして、資産運用に失敗した多くの先人たちは資産運用のデメリットを理解していなかったといえます。資産運用にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

資産運用の基本概念

資産運用においては、「リスク」と「リターン」のバランスを取ることが重要であるといえます。リスクとは危険性のことで、リターンは利益のことを指します。理想的には「ノーリスク・ハイリターン」ですが、現実的には「ハイリスク・ハイリターン」というように利益が大きくなればその分だけ危険性が増します。つまり資産運用では、「最小の危険性で最大の利益を得る」ことを前提に立ち回ることが求められる、自己責任の世界なのです。

資産運用のメリット

資産運用を行なう最大のメリットは「最小限の労力で資産を増やせる」ということと言えます。本業を持っている人や主婦、高齢者から若者など年齢・性別・職種を問わず、時間と資産があれば誰でも資産運用を開始できるのです。また、「利益率の高さ」もメリットの一つです。日本における大卒の成人男性の平均生涯年収は約三億円に上ります。しかし、株取引を行なっている個人投資家の中には数時間で3億円以上を稼ぎ出すトッププレーヤーが存在しているもの確かなことです。資産運用を行なうことで、平均生涯年収を少しでも上回る金額の資産を手に入れることが出来るのです。

資産運用のデメリット

資産運用のデメリットは、「市場は水物」ということに尽きます。資本の投資先である経済市場は、常に未来を完全に予測できない不確定性の強い領域といえます。つまり、「必ず儲かる」「損はしない」というように信用することの出来ない言葉が多数ある分野なのです。また、成果が上がっていても市場が急転して利益が一夜でゼロになることも少なくないのです。貯蓄においても、「銀行が経営破たんしてペイオフで一定額しか預金が保証されない」という可能性もゼロではありません。このように、常にリスクが付いて回るのが資産運用のデメリットなのです。

リスクヘッジとは?

リスクヘッジとは、「危険の回避、低減」という意味で資産運用を行なう上で必要不可欠な考え方といえます。資産運用を行なう投資家にとって、最大のリスクは「資産を全て失いこと」です。このリスクを回避するためにはどうすれば良いでしょうか。答えは「資産を分散して、留保分を確保する」事です。こうすれば、資産運用が失敗しても資産の全てを失うことは無くなります。このように、「最悪の事態を想定した対策を取る」ことで最悪の事態そのものを回避するのがリスクヘッジの基本的な考え方です。ただし、リスクを恐れるだけの対策を取り続けることは利益の減少に繋がるので、「資産を分散して、留保分以外は複数の方法で運用する」のがリスクヘッジを踏まえた最善策になります。

資産運用
<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank"><img src="http://sisanunyotubo.com/img/banner.gif" alt="資産運用" width="88" height="31" border="0"></a>

資産運用の壺

<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank">資産運用の壺</a>

広告掲載