資産運用の壺
お問い合わせリンク資産運用の壺

外貨預金

通貨の価値を別の通貨で決定する外国為替は、世界経済において重要な仕組みであるといえます。特に基幹産業を支える貿易に大きく関わるため、為替市場を把握することは全ての資産運用の基本とも言えます。ここでは、外国の通貨で預金を行なう外貨預金の仕組みなどを紹介していきます。

外貨預金の上手な使い方とは?

外貨預金は、日本円ではなく米ドルやユーロなどの外貨で預金を積み立てていく金融商品です。外国為替相場によって積み立てられた預金の価値が変動するため、貯蓄よりも投資としての性質が強い資産運用法といえます。

外貨預金の仕組み

外貨預金は「金融機関への預金を日本円以外で行なう」という、貯蓄と投資を組み合わせた資産運用法です。円高の時に預金して円安の時に引き出すと為替相場の変動によって利益が発生する仕組みになっています。また、外貨預金には日本円での預金と同じく普通預金・定期預金があり、金利に応じた利息が発生します。外貨預金で取り扱われる外貨には、米ドル・英ポンド・ユーロ・ニュージーランドドル・豪ドルなどがありますが米ドルやユーロが一般的と言えます。

外貨預金のメリット

外貨預金のメリットは、「元本保証される」というFXなどの外国為替投資には無いメリットがあります。これは貯蓄としての性質によるもので、資産運用のリスク低減にも効果があるといえます。第二に「為替相場の影響で利息よりも大きい利益が発生する」というメリットが言えます。例えば1ドル100円の時に1万円を100ドルにして預金した後、円安になって1ドル150円になった時に日本円に戻せば1万5千円になります。この投資としての性質こそが外貨預金の大きな魅力になっているといえます。

外貨預金のデメリット

外貨預金のデメリットとしては、「保障される元本は外貨建て」ということがまず言えます。そのため口座開設時より円高が進んだ状態で引き出すと、「外貨では元本保証なのに日本円では元本割れ」という事態に繋がってしまいます。また、「日本円から外貨、外貨から日本円に交換する際に手数料が掛かる」というのもデメリットの一つです。手数料は、1ドルに付き何円という形で発生するため、預金額によっては為替相場による利益が出なくなることもあります。また、定期預金の場合「元本割れのリスクが大きくなる」というデメリットがあります。

外貨預金の利用法

外貨預金の場合、金利よりも外国為替相場の把握が重要になってきます。為替相場の把握は、利益が発生するように口座の開設や預金の引き出しのタイミングを計るためには欠かせません。定期預金の方が金利が高いものの、資産運用法としては利息よりも為替相場の変動が重要になってくるため柔軟に対応できる普通預金で始めるのが良いといえます。外貨預金を始める際には必ず「口座開設の時点の為替相場を記録する」事を忘れないようにすべきです。その相場状況がプラスとマイナスの損益分岐点として機能するからです。資産運用の場合、元本割れを起こさず資産を維持したとしても利益が出なかったならばやらなかったのと一緒といえます。元本割れのリスクを抱えても、利益が上がるように立ち回らなければ資産運用をする意味が無いのです。そのために、損益分岐点の設定や相場の把握などを行なっていく必要があるのです。

資産運用
<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank"><img src="http://sisanunyotubo.com/img/banner.gif" alt="資産運用" width="88" height="31" border="0"></a>

資産運用の壺

<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank">資産運用の壺</a>

広告掲載