資産運用の壺
お問い合わせリンク資産運用の壺

投資信託

投資は資産運用の中でも敷居が高い分野といえます。失敗しても自己責任というリスクの高さと最低限知っておかなければならない知識の多さなど、どれも初心者が簡単に足を踏み入れられない要素といえます。投資信託は、投資の敷居の高さを低くするための資産運用法なのです。

投資信託の上手な活用法とは?

投資信託は、証券会社などの投資のプロフェッショナルに資金を預けて投資運用を委託する資産運用法です。投資信託は「ファンド」とも呼ばれ、世界経済を動かす大きな力ともなっています。

投資信託の仕組み

投資信託は、多くの投資家から集めた資金を元本として一つにまとめてプロが株式などに投資を行います。投資で出た利益は、資金を提供した投資家に配分されます。配分は提供した資金の口数に応じて行なわれるため、資金提供額が大きいほど多くの利益を配分されます。また、個人で投資するよりも大きな資金を手広く運用するため、利益も大きくなるのが特徴といえます。

投資信託のメリット

投資信託のメリットは、「投資の専門知識が無くても参加できる」ということが言えます。株式市場などへの投資は、利益が上がるように資産運用するために様々な専門知識を身に付けていなければなりません。専門知識習得のためのコストを考えれば、投資信託はかなり有意義な選択肢であるといえます。他にも「小額の資金からでも参加出来る」というメリットがあります。小額の資金でも、多くの投資家に提供してもらえれば高額の元本となります。そのため1口1万円程度からでも参加できる投資信託も少なくありません。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットには「元本保証がない」ということが言えます。投資対象の相場はベテラン投資家でも大損してしまう可能性を常に秘めています。そのため、元本がゼロもしくはマイナスになってしまうことも充分にありうるのです。また、「手数料が掛かる」こともデメリットと言えます。手数料は発生した利益から天引きされるので別に請求されることは無いのですが、運用している間は常に手数料が掛かっているのです。また投資信託は仕組み上投資運用を他人任せにするため、「投資の知識や勘が養えない」ということもデメリットといえます。

投資信託の上手な利用法

投資信託に参加する場合は、投資信託を運用しているファンドマネージャーの実績が重要な条件となります。運用額・総利益・実績年数など公にされているファンドマネージャーの実績を並べて、リスク回避能力や利益率の高さなどを割り出し「誰の運用であったら信頼できるか」という根拠を確立することが、投資信託で失敗しないためのポイントとなります。そして「ファンドに投入する資産をどの程度の額にするか」を決めることも大事です。投入額が大きくなればその分だけ受け取れる配当も多くなりますが、万が一ファンドが損失を出した場合に受けるダメージもまた大きくなります。リスク回避のためにも、最初のうちは余り高額の資産投入を行なわないようにするのが無難でしょう。

資産運用
<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank"><img src="http://sisanunyotubo.com/img/banner.gif" alt="資産運用" width="88" height="31" border="0"></a>

資産運用の壺

<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank">資産運用の壺</a>

広告掲載