資産運用の壺
お問い合わせリンク資産運用の壺

不動産投資

「不動産は資産の王様」という言葉があるように、土地や建物などの不動産は資産として高い信頼度を持っています。そして不動産を利用する不動産投資は、資産運用法の中でも長い歴史と注目度を誇っています。ここでは、資産運用法としての不動産投資の仕組みなどを紹介していきます。

大人気の不動産投資とは?

不動産投資は、土地や建物などの不動産への投資を行なって利益を発生させる資産運用法です。安定した収入が得られる不動産投資はサラリーマンや公務員にも人気が高い、今注目の資産運用法なのです。

不動産投資の基本

不動産投資は、土地やアパート・マンションなどの建物を購入・運用することで利益を上げるのが基本的な仕組みです。不動産投資によって発生する利益には二種類あり、土地や建物を売却して発生する利益「キャピタルゲイン」と土地や建物を賃貸して発生する利益「インカムゲイン」があります。ここで扱う不動産投資は、後者のインカムゲインが発生する不動産物件への投資のことになります。

不動産投資のメリット

不動産投資のメリットは、「長期に渡る安定した収入源の確保」であるといえます。アパートやマンションや戸建などの賃貸物件は、入居時の敷金・礼金に加えて継続的な家賃収入が発生します。定年退職後の収入源としても期待できるのが特徴です。第二には「インフレに強い」というメリットがあります。物価高を引き起こすインフレーションは、貨幣価値を引き下げる働きを持っています。しかし、賃貸物件の家賃も物価の上昇と同時に引き上げることが出来るので、貯蓄よりも有利に働くのです。第三に、「税金対策としての活用」があります。不動産投資の対象となる物件は基本的に高額なので、ローンなどで負債として抱え込むことで税金の圧縮が見込めるというわけです。

不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリットとしては、「入居者が居なければ家賃収入が発生しない」ということが言えます。例え入居者が現れても、家賃滞納を起こす場合もあるため難しい問題といえます。第二に「物件を補修・維持しなければならない」というデメリットです。補修工事や原状回復などの費用を負担するのも大家の義務なので、費用負担が発生します。第三のデメリットには「経年劣化する」ということが言えます。築年数を重ねた物件は家賃が安くなるため、収入減に繋がります。

不動産投資の上手なやり方

不動産投資で成功するためには、「入居希望者の需要」を考えた物件の運用を行なうのが基本といえます。中古のアパートやマンションを購入するにしても、立地条件や築年数や間取りなどの入居希望者が気にするポイントをよく確認しておかなければなりません。場合によっては、学生向け・女性向けといった具合に入居対象を決めたり物件全体をリフォームしたりしてしまうのも一つの手といえます。物件の管理は、手数料などが掛かりますが不動産会社などに委託すると手間を減らせます。

資産運用
<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank"><img src="http://sisanunyotubo.com/img/banner.gif" alt="資産運用" width="88" height="31" border="0"></a>

資産運用の壺

<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank">資産運用の壺</a>

広告掲載