資産運用の壺
お問い合わせリンク資産運用の壺

外国為替

物々交換から貨幣制度が生まれたように、大量に貨幣を持ち運ばなくても良いように為替制度が生まれました。外国の通貨と自国の通貨を現金のやり取り無く交換できる外国為替は、資産運用のために利用できる相場を持っています。ここでは、外国為替による資産運用について解説していきます。

外国為替とは何か?

外国為替は、自国の通貨と他国の通貨の交換を現金による決済ではなく、手形や小切手で信用決済する方法のことを言いますが、一般的には広義の「他国の通貨との交換を行なうこと」という意味で使用されています。

外国為替による資産運用

外国為替で何故資産運用が出来るのかというのは、通貨同士の価値の違いに理由があります。毎日ニュースで報じられている円相場を見ても判るように、全ての通貨は同じ価値基準で運用されているわけでなく日々変動する交換比率に基づいて運用されています。外国為替での資産運用は、この変動する交換比率を利用して行なわれているのです。例えば1ドル100円の時に100万円分ドルに交換すれば、1ドル120円の時には120万円分の価値になっているわけです。このように外国為替市場の変動を利用して利益を出すのが、外国為替による資産運用の基礎なのです。

話題のFXとは何?

ニュースで「FX」という言葉をよく耳にする機会が多くなっていますが、このFXが外国為替と深い関係のある資産運用法であることを把握している人は意外と少ないようです。FXは正式に言えば「外国為替証拠金取引」という資産運用法のことで、証券会社に預けた証拠金の数倍のレバレッジと呼ばれる資金を使って外国為替取引を行なえるのが特徴です。しかし、レバレッジが大きく減少すると自動的に「損切り」と呼ばれるシステムが働き、損失が大きくならないうちに手持ちの外貨を全て売り払うことになります。場合によっては追加証拠金を支払って取引の継続をしなければならなくなることがあるなど、難しい点が多いのが問題といえます。

外国為替のメリット・デメリット

外国為替の取引におけるメリットは、「利益が大きい」ということです。外国為替市場は相場の変動が大きいため、上手く立ち回れば利益を上げ続けることも可能なのです。他にも「証券会社がFXに力を入れているため、初心者でも始めやすい」「ネットが利用出来る」などのメリットもあります。デメリットとしては、「相場の性質上損失を出しやすい」ということがあります。相場というものは、取引に関わる人間と資金が増えればそれだけ変動の幅が大きくなります。そのため、介入によって急変した相場について行けなくなり多大な損失を発生させてしまうことも少なくないのです。

外国為替を始める前に

FXなどの外国為替取引は、「欲張れば必ず損をする」と覚悟した上で始めるべきであるといえる難しさを持っています。また、一日に取引する金額や損失を最小限に抑えるためのボーダーラインなど自制するために設定するべき要件が多いということも肝に銘じておかなければならないといえます。絶対といえるのは、「大きく儲かるけれども、必ず儲かるわけではない」ということです。

資産運用
<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank"><img src="http://sisanunyotubo.com/img/banner.gif" alt="資産運用" width="88" height="31" border="0"></a>

資産運用の壺

<a href="http://sisanunyotubo.com/" target="_blank">資産運用の壺</a>

広告掲載